北越急行

【北越急行】ほくほく線を利用できるフリーパスは?

ほくほく線を利用できるフリーパスは?

今回は、北越急行ほくほく線についてです。

北越急行は、新潟県の六日町駅〜犀潟駅を結ぶ第三セクターの鉄道会社です。

鉄道系のYouTubeでもたびたび紹介されている鉄道会社・路線であり、訪れてみたいと考えている方がいらっしゃると思います。

この記事では、そんな北越急行ほくほく線を利用できるフリーパスを紹介していきます!

結論

ほくほく線の列車

まずは、結論ということでほくほく線を利用できるフリーパスを列挙していきます。

ほくほく線に乗れるフリーパス

北越急行が発売するもの

・ほくほくワンデーパス

JRが発売するもの

・えちごツーデーパス

・週末パス

・北海道&東日本パス

・大人の休日倶楽部パス

・JR EAST PASS(Nagano, Niigata area)

ここから、それぞれについて解説を加えていきます。

①北越急行が発売するもの

まずは、ほくほく線の運行会社「北越急行」が自ら発売しているフリーパスを紹介します。

種類は、「ほくほくワンデーパス」の1種類のみです。

ほくほくワンデーパス

ほくほくワンデーパスは北越急行が唯一発売するフリーパスです。

ほくほくワンデーパス

価格:おとな1,500円 こども700円

発売日:乗車当日のみ

利用可能日:通年

有効期間:1日間

フリー区間:ほくほく線全区間(六日町~犀潟)

列車:普通・快速・超快速

発売箇所

Ⅰ窓口:ほくほく線十日町駅、直江津駅

Ⅱ券売機:六日町駅(改札内)、魚沼丘陵駅、しんざ駅、十日町駅、まつだい駅、ほくほく大島駅、虫川大杉駅、うらがわら駅、くびき駅

Ⅲ列車内:運転士さんが発売

フリーパスは主に土曜・休日に限定して発売される場合が多いかと思われますが、こちらのきっぷは1年中発売されていて便利です。

ほくほく線の列車は六日町~越後湯沢はJR上越線、犀潟~直江津はJR信越本線に乗り入れています。

しかし、このフリーパスのフリーエリアはほくほく線内(六日町~犀潟)のみです。

JR線に乗り越す場合は、別途JR分の運賃が必要となります。

②JRが発売するもの

JRが発売するフリーパスの中には、ほくほく線を利用できるものがあります。

利用できるものは次の通りで、それぞれ簡単に紹介します。

まあ駅員

いずれのフリーパスでも、ほくほく線内は区間の縛りがなく全線で乗車可能です。

えちごツーデーパス

出典:えちごツーデーパス

おとな2,740円(こども1,370円)

新潟県内の大部分のJR東日本線、えちごトキめき鉄道全線、北越急行全線の普通列車・快速列車の普通車自由席が2日間乗り放題のきっぷです。

別に特急券を買えば特急列車・新幹線にも乗車できます。

週末パス

出典:週末パス
おとな8,880円(こども2,600円)

関東甲信越から南東北まで幅広い区間の普通列車・快速列車の普通車自由席が2日間乗り放題のきっぷです。

JR東日本線以外に、14もの鉄道会社線が利用できます。

別に特急券を買えば、特急列車・新幹線にも乗車できます。

北海道&東日本パス

おとな11,330円(こども5,660円)

JR東日本線、JR北海道線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線および北越急行線の全線の、

普通列車・快速列車の普通車自由席及びBRTが日間乗り放題のきっぷです。

普通列車限定のきっぷであり、一部の例外を除き、特急や新幹線を利用する場合は別に乗車券と特急券を買わなければなりません。

大人の休日倶楽部パス

JR東日本の「大人の休日倶楽部」会員限定に期間を指定して発売する乗り放題きっぷです。

対象路線の新幹線・特急・急行・普通列車・快速列車の普通車自由席、およびJR東日本のBRT(バス高速輸送システム)が4日間または5日間乗り放題です。

対象のパスは次の通りです。

大人の休日倶楽部パス(東日本)

大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)

大人の休日パス 東日本スペシャル

大人の休日パス 東日本・北海道スペシャル

JR EAST PASS(Nagano, Niigata area)

JR東日本が外国人観光客向けに発売しているきっぷです。

このきっぷでもほくほく線に乗車できます。

まとめ

今回は、ほくほく線を利用できるフリーパスの紹介でした。

最後にもう一度まとめます。対象のフリーパスは、

・ほくほくワンデーパス

・えちごツーデーパス

・週末パス

・北海道&東日本パス

・大人の休日倶楽部パス

・JR EAST PASS(Nagano, Niigata area)

でした。

まあ駅員

青春18きっぷやJAPAN RAIL PASSは利用できませんのでご注意ください!

今回の記事が、ほくほく線旅行をする際の参考になれば幸いです。

ご覧くださいましてありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です