きっぷの知識

【初心者向け】特急券って何?簡単に解説します。

こんにちは、まあ駅員です。

今回のテーマは特急券です

「特急券」は特急列車や新幹線に乗るために必要なチケットですが、意外と知らない方が少なくないように感じられます。

そこで、今回はJRの特急券について簡単に解説したいと思います。

それでは、見ていきましょう。

乗車券と特急券

今回のテーマは特急券ですが、乗車券についても併せて知っていただきたいので最初に乗車券についても簡単に紹介します。

できるだけ、旅客営業規則に書いてあるような難しい言葉を使わないようにしています。

乗車券とは

まあ駅員

乗車券は、最も基本的なきっぷでどんな列車に乗るにも必ず必要なきっぷです。

「◯◯駅から△△駅まであなたを輸送することを約束します。」という輸送の契約書のような存在です。

乗車券には、普通乗車券、回数乗車券、定期乗車券などがあります。

普通列車や快速列車であれば乗車券を購入することで乗車が可能です。

ただし、全車指定席の快速など別料金が必要な列車もあります。

ちなみに、乗車券の価格のことを「運賃」と言います。

特急券とは

特急券の画像

特急券は、特急列車や新幹線に乗るために、乗車券に追加して購入する必要があるきっぷです。

普通列車での移動には時間がかかりますが、特急や新幹線なら短い時間で長距離を移動できますよね。

特急券を買うことは、スピードに課金するようなことです。素早く快適に移動するために必要なオプション券のような存在ですね。

特急券の価格のことを「料金」や「特急料金」と言います。

特急・新幹線の乗車には両方が必要

特急列車に乗車する際に次のような方を見かけることがあります。

  1. 乗車券は持っているが、特急券を持っていない。
  2. 特急券は持っているが、乗車券を持っていない。

これらの場合、特急列車・新幹線に乗車することはできません。

①の場合、輸送してもらう権利はありますが、素早く輸送してもらう権利がありません。

②の場合、素早く輸送してもらう権利はありますが、そもそも駅から駅へ輸送してもらう権利がありません。

特急列車や新幹線に乗る場合、単に駅から駅へ輸送してもらう権利と素早く輸送してもらう権利の両方が必要です。

乗車券と特急券の両方を買わなければなりません。

(基本)特急券の種類

ここまでは、特急券とはそもそもどんなものかを書いてきました。

特急券について分かったところで、ここからは特急券の種類について書いていきます。

指定席特急券

指定席特急券は、特急列車や新幹線を利用する際に座席を指定できるきっぷです。

あらかじめ座席を指定しておけば、列車が混雑していても確実に席を利用できるので便利です。

指定列車に乗り遅れた場合は、後続の列車の自由席を利用できます。

また、新幹線の「のぞみ・みずほ」「はやぶさ・こまち(大宮〜盛岡)」の指定席特急料金は割増料金となっており、他の列車の指定席特急料金も高くなっています。

指定席特急券は、シーズンによって価格が異なっています。シーズンは、閑散期・通常期・繁忙期の3つに分けられます。

また、グリーン車やグランクラス、寝台車を利用する場合の特急料金は通常期の指定席特急料金の530円引きとなっています。

JR北海道とJR九州の在来線、JR東日本の「ひたち」「ときわ」「スワローあかぎ」「あかぎ」「日光」「スペーシアきぬがわ」「きぬがわ」「富士回遊」「おうめ」「はちおうじ」「あずさ」「かいじ」には、繁忙期・閑散期はありません。

自由席特急券

自由席特急券では、自由席車両の空いている席に座ることができます。

ただし、混雑しているときには座れない場合があります。

自由席特急券の価格は通常期の指定席特急券の530円引きとなっています。

のぞみ・みずほの自由席に乗車する場合、自由席特急料金はこだま・ひかりの自由席特急料金と同じです。

こんな特急券もあります

特定特急券

特定特急券は、特定の区間を乗車する際に購入する特急券です。

・新幹線の隣り合っている区間のみを利用するとき

・博多南線を利用するとき

など、ほかよりも割安な料金が設定されている場合があります。

立席特急券

新幹線のはやぶさ、こまち、はやて、かがやきは全車指定席の列車ですが、満席となったときに「立席特急券」を発売することがあります。

価格は、通常期の指定席特急料金の530円引きです。(特定料金が適用される区間の時は特定料金)

立席特急券を利用して、新幹線に乗車した様子を鉄道系YouTuberのスーツさんがアップしていましたのでここでご紹介させていただきます。

はやぶさ・こまちには割増料金が設定されているので、530円引きになっても同区間をやまびこなどの自由席で移動するよりも料金は高くなります。

座席未指定券

JR東日本の特急列車(あずさ、かいじ、富士回遊、はちおうじ、おうめ、ひたち、ときわ、スワローあかぎ)は全車指定席の特急ですが、

座席未指定券を購入すると、普通車の空いている座席を利用することができます。

なお、価格は指定席特急料金と同額です。

当日どの列車に乗るか定まらないときに便利な特急券です。

なお、後から指定席に変更したいとなった時は、無料で指定席に変更できます。

乗継割引

最後に乗継割引を紹介しようと思います。新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合、在来線の特急料金が半額になる場合があります。

どのような場合に、乗継割引が適用されるのかは以下の通りです。

●東海道・山陽新幹線の新横浜~新下関間の新幹線停車駅、東北新幹線及び北海道新幹線の新青森駅、上越新幹線の長岡駅・新潟駅、北陸新幹線の長野駅・金沢駅、北海道新幹線の新函館北斗駅、大阪駅(新大阪駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、坂出駅・高松駅(坂出駅及び高松駅は岡山駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、または津幡駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)で新幹線から在来線の特急・急行列車にその日のうちに乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。

*新青森~青森間のみをご乗車になる場合は割引の対象になりませんが、乗車券のみで特急・急行列車の普通車自由席をご利用になれます。

*〔サフィール踊り子号〕をご利用になる場合は、乗継割引の対象とはなりません。

●新幹線をはさんで、在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高いほうの料金が割引となります。

●九州新幹線には乗継割引はありません。

出典:JR東日本 乗継割引

なお、出発前に新幹線の特急券と在来線の特急券の両方を同時に購入することが乗継割引の適用条件となります。

乗継割引を知っているのと知らないのでは、出費に大きな違いが生じます。

この記事を見てくださった方で、新幹線と特急を乗り継ぐ予定のある方は、ぜひ乗継割引でお得に旅をしてみてください。

おわりに

今回は、特急券の紹介でした。

やや長くなりましたが、JRの特急列車や新幹線に乗る時には乗車券と特急券の両方を買わなければならないということを覚えておいてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です